NAOKIって?

広島県広島市にて1987年11月26日に産まれる。
3歳で安田幼稚園に入園。気が弱い性格で毎日お昼になると母が恋しくこっそり影で泣いているような弱気な性格。
その後白島小学校に入学し、入学してすぐも背の大きな女の子にバカにされ学校に行きたくないと親に弱音を言うような弱気な性格を継続。
その後受験勉強をし、私立広島城北中学校に入学。県内では上から3番目くらいのソコソコの学力の中高一貫校。
中学時代は交換留学生として、オーストラリアのメルボルンに一ヶ月短期留学をしたり
英語暗唱大会に出場したりと真面目な学生生活をおくる。
真面目に勉強をやっていたものの、なかなか1番にはなれない。
そして少年NAOKIは思い立ち、人とは違う何か特別なことをやりたいと思い中学三年生でDANCEを始める。
そこからNAOKIは変わっていく。
その当時不良グループの圧倒的BOSSから、『ダンスやっとるらしいじゃん?RAPやるけーバックダンサーやってや』と言われる。
ビビりながらも圧倒的BOSSからの依頼の為、その依頼を受ける。
それをキッカケにイケイケなグループに突然の昇格。
そして高校時代はDANCEに恋に友情に色々なNEW NAOKIが形成されていく。
そしていよいよ進路相談の時期、当時明治大学に通っていた兄の影響で自分も東京に行きたいと思い受験勉強を始める。
英語や派手なものが好きだった影響もありミッション系大学を志望し、第一志望青山学院大学に無事合格。
青山学院大学経営学部経営学科に入学。
大学入学後はダンスサークルNACKに入りダンスの技術を磨く。サークルでは様々なジャンルを勉強する。そして当時はダンスバトルブーム。沢山のダンスバトルに挑戦していたのだが、あるバトルに出場した際、渋谷系イケイケの先輩と知り合いダンスチームGunz HUNTを結成。
知名度のある先輩とチームを組ませてもらった為、大出世。
いきなりイベントのGUESTとして出演したり、ギャラをもらったりした。
Gunz HUNTとしては週に1,2回は渋谷のクラブイベントに出演し、週に2回は必ず練習をしていたので、週の半分はチーム活動。
いかにファンを増やすかをメンバーと考え試行錯誤しながらSNSやキャッチをしながら集客活動を頑張り、当時5人のメンバーで最高200人近く集客した。
コンテストにも多く挑戦して、グランドソウルというコンテストでは準優勝まで行くことが出来た。
その後、大学卒業。自分は迷うことなく就職という道を選ぶ。
就職活動はなかなかうまくいかず、30社近くの会社から祈られた。そして、ようやく内定をもらった不動産売買の会社オープンハウスに入社。
その後バリバリ働きながら住宅を販売するも、ダンサーをやっている仲間を見ていると抑えられない衝動が出てきてしまい、会社を退職。
その後ダンス復帰から一年後オーディションに合格し、埼玉スーパーアリーナで行われたMINMIさんのバックダンサーを務める。その数ヶ月後また運良くオーディションに合格し、レゲーアーティストleccaさんの武道館ライブのバックダンサーを務める。
その後またまた運良く山下智久さんの新曲のテレビバックダンサーを務め、地方の親戚達を唸らし親孝行をする。
そして、その同時期にAKB48のUZAという曲でakihic☆さんのアシスタントとしてAKB48の指導に入り、AKB48グループの仕事が始まる。
一見凄くうまくいっていったのだが、やはり自営業。仕事には大きな波があり、その後1年近く仕事がない閑散期も味わい悔しい思いをしながらも、バイトをしながらダンサーとして活動を続ける。
その当時Twitter全盛期だった為、Twitterを見ては仲間のダンサーが仕事をしているのを見ては落ち見ては落ちを繰り返し、大きな挫折感を味わう。
そしてそんな挫折を乗り越える出来事が起こる。それがALEXXXというハワイアンアーティストとの出会いだ。先輩から紹介してもらい初めての振付を行う。そこでは振付とバックダンサーを務めながら、ISLANDream Dancersという名前を頂き3年近く活動。
その頃にみんなで踊れる振付や、キャッチーな振付やキレのある振付など、自分なりに試行錯誤しながらライブ振付を担当させてもらった。
その後は様々なアーティストの振付やバックダンサーを務めさせて頂きながら現在に至る。。

お読み頂きありがとうございました!!(^-^)